良い歩き方は足音が小さく静か

歩く時にほとんどの人は踵から着地して足で地面を蹴って前に進もうとするような歩き方をします。
そのような脚を一生懸命動かす歩き方は着地の時にドンドンという大きな足音がします。
足音がするということは自分の脚でブレーキしながら歩いているということです。
だから歩き続けるとしんどいし、脚も疲れます。

エネルギー消費を大きくしたいのであればその歩き方は良いのですが、楽に長く歩き続けたいと思っている人にはそういう歩き方は勧められません。

「歩く」というのは脚を一生懸命前に出して進む動作ではありません。
“体(重心)を前に移動させていく”動作です。
それに脚がついてくる、動かされるだけのことです。
接地は足の裏全体に体重がきちんと乗るようにするだけです。
そういう歩き方では足は置くだけになりますから足音が小さく、ほとんど音がしなくなります。

スムーズに身体を前に進めるためには脚でブレーキをかけてはいけません。
普段歩く時に足音をちょっと気にしてみましょう。