#11 レジスタンストレーニングについて学んできました②

定例勉強会に参加してきました。
今回のテーマは「レジスタンストレーニング」
このテーマについて学ぶのは今回で2度目ですが、今回は普段の指導に関することで学んでいきました。

まずはテーマに関しての参加者が持つ疑問、質問について考えることから始まりました。
先生がいつも言われることですが「知っていることと「理解している」ことは違います。
指導する中で大切なことは、「クライアントにエクササイズをきちんと実施してもらう」ということです。
クライアントがきちんとできなかったり、指導する中で疑問が出てくるといのは指導する側が「できるように指導できていない」、きちんと理解できていないということなのです。
私のような駆け出しは疑問もなくきちんと指導できると言えるまでにはまだまだ経験も実践も足りませんから疑問や質問が出てくるはずなのです。

しかしこの質問というのは本当に難しいのです。
質問に良い・悪いはないので、わからないことならどんな内容でも良いのですが、自分がわからないことをきちんと言葉にして相手に伝えなければ答えられませんから、言葉の使い方というものもしっかり考えなくてはいけません。
知っているつもりで使っている専門用語に関してきちんと定義を持って使わなくてはいけないということも改めて感じました。

トレーニングについては、筋肉は刺激を受けて反応するものですから、クライアントの目的によってどのような刺激を与えれば良いのかが決まってきます。
トレーニングを指導する際には、どのエクササイズを、どのくらいの負荷で、回数は?セット数は?、どのくらいの頻度で行い、どのくらいの期間でプログラムを変えていくのかなど考えなくてはならないことはたくさんあります。 <しかし、忘れてはいけないことはトレーニングは「目的があって、方法がある」ということです。

クライアントの目的なしには、トレーニングプログラムを決めることはできないのです。
筋肥大だから最大筋力の70~80%の負荷をかけて10回を3~5セットやればいいという簡単なものではないのです。
一言に筋肥大と言ってもその方はどのような筋肥大が必要なのか?という目的がなければ本来は負荷や回数、セット数などは決められません。
そんな安易にトレーニングプログラムを組むことはできないのです。
それをやってしまっているのでいろいろ上手くいかなくて悩んだり結果が出ないのです。

トレーニングは週に何回やれば良いのか?ということも刺激と反応に関係しています。
2週間に1回だと効果はどうなのか?週に1回だとどうなのか?ということをきちんと理解しておくことが必要です。

そうすれば週に何回トレーニングする必要があるのかといったことや、パーソナルの1時間のセッション以外の自宅や会社での過ごし方についてもアドバイスしなくてはならないことがわかってきます。(実際にはセッションの1時間だけでは刺激の波が弱過ぎて結果は出ません)
またトレーニングの内容に変化をつけるのも、筋肉が刺激に対して適応する期間をきちんと理解していればだいたいわかることです。
そうすれば期分けといった考え方にとらわれることもなくなります。(そもそもウェイトトレーニングにピリオダイゼーションはありません)

トレーニングとは半年後、1年後にはこうなっているということを予めイメージしておき、それを実現するためにはどうしていくのかというように逆算的に考えていくもので、今日はこれをやったけど、今度は何をしよう?というものではありません。
そうすると自ずと結果はついて来るのです。
予め想定しているものに向けて今週は何をして、来週は何をするのかが決まっているのですから。
そこが抜けていると行き当たりばったりで目的も目標も何もない、ただトレーニングをしただけなのですから、結果が出なくて当たり前なのです。
最近は指導の中で近いものはできていますが、今後はこれをもっと意識して取り組まなくてはいけないと感じた課題の1つです。

後半は実際にクライアントを想定してトレーニングの指導の実技を行いました。
ここでもクライアントがきちんとエクササイズを実施できているのか、指導する側もきちんと動作できるように指導しているのかということがポイントとなってきます。
スクワット1つにしても相手が楽にしゃがめるところはどこまでなのかをきちんと把握し、エクササイズ中も常に姿勢が崩れたり、重力を感じながら下がる意識などをタッチや言葉かけでサポートすることできちんとした動作を導くように指導者は気をつけなければなりません。
ただ、ぼーっと立って回数をカウントするだけではいけないのです。

また、チェストプレス(胸の筋肉を鍛えるマシン)もきちんと胸の筋肉を使っている感覚を感じてもらうためには、グリップの位置、肘の角度だけでなく、大胸筋の機能を理解した使い方を相手に伝えなくてはなりませんし、それを滑らかな動作で行えるようにアドバイスしなくてはなりません。

背中の筋肉を使うロウイング系の種目も同様のことを注意しなくてはいけません。
使い方、感覚を1つ間違えるだけでも動きが全く変わってきます。
間違った指導をしてしまうと動きが2段モーションになってしまいます。
2段モーションで重りを持ち上げるとどうしても重そうに扱ってしまいます。
やはり重量物を楽に扱うということがしんどくないトレーニングには大切になってきます。
楽に持ち上げるためには滑らかで動きにブレーキがかからないということが重要です。
その使い方をトレーナーがわかっていて、指導できるかが大きなポイントですが・・・

マシンの使い方1つでも意識を変えるだけでものすごく楽にできるということを知ることができたのは本当に大きいです。
あとはこの考え方を他のマシンで、どのように応用していくかを考えることが実践の中での課題になりそうです。