#7 レジスタンストレーニングについて学んできました①

今回の勉強会のテーマは「レジスタンストレーニング」
トレーナーやジムで指導する人の基本となるものです。
しかし、これもわかっているつもりでやってしまっている事が多いので、改めてその考え方、実践方法について学ばせて頂きました。

まずは、参加者の質問・疑問についてクリアにしていくところからスタートしたのですが、さっそくわかっているつもりでやってしまっているということに気付かされました。
トレーナーやトレーニング指導をする人はエクササイズを用いる時に、ほとんどが本で読んだり、他のメディアで見たものをクライアントに提供してしまいがちです。
そうすると、クライアントに対して思ったように効果を出せない場合にすぐに「どうやったら上手くいくのか?」という方法を知りたくなります。

しかし、トレーニングを指導する時に「5W1H(誰が、何のために、いつ、どこで、何を、どのようにする)」をきちんと押さえていれば、どんなやり方、考え方をすればよいのかはわかってくるのです。
それを押さえずに、方法ばかりを相手に押し付けてしまうから上手くいかないのです。
「誰にどんな目的で」が1番重要です。

その他にも我々が誤解してしまっている様々なことについて先生からご指導いただきました。
今まで当たり前のように思っていたことのほとんどが勘違いであるということに改めて気づかされると共に、やはりきちんと本質を学ぶということが大切であると感じました。

それから一般の方にはどんな身体が必要なのかを考えていきました。
やはり『自然体で立つ』ことが大切になってきます。
人間には骨があり、それに身(筋肉)が付いています。
骨で立つことができれば、筋肉には適度な緊張と緩みがあります。
地球に住んでいる我々地球人には、立った時かならず「1G」という重力がかかっています。
きちんと骨で立てていれば、1Gがかかっていてもストレスは頭から足の垂直方向にかかるのでどこかに緊張や痛みを起こすことなく立ち続けることができます。
しかしその垂直ラインが崩れて立ってしまうと、腰などにストレスがかかり緊張して硬くなったり痛みが起こります。

ですから、一般の方が健康に毎日を過ごすために必要な身体とは、 「1Gに余裕を持って立て、1Gに対して余裕を持って動ける身体」ということになります。
きちんと立てていれば、立っているだけで姿勢を維持するために腹背筋は使われているのでそれだけで筋持久力のトレーニングをしていることになるのです。
そうすればわざわざ何十回も上体起こしの腹筋エクササイズをやらなくていいのです。

後半はBig3(デッドリフト、スクワット、ベンチプレス)やクリーンの実践方法を、重いものを楽に持ち上げるために必要な「重力、反射、慣性」の使い方を踏まえて教わりました。
Big3はいつものトレーニングでもやっていたのですが、毎回トレーニング後はしんどかったので、しんどくなるようにやってしまっているのだろうとは思っていたのですが、どのように修正したら良いのか具体的な方法がわかりませんでした。
しかし、重力、反射、慣性の使い方を教わると、必要なところに力を入れて、後は楽にしても負荷を持ち上げることができるのです。
本当に「これくらいでいいのか?」と思うくらい楽に動くことができます。