はじめに

トレーニング指導に携わって10年になりますが、お客様の要望の変化を感じます。
以前は減量やシェイプアップ目的で運動する方が多く、指導においても正しい運動のやり方、食事のアドバイスくらいでよかったので本を読んだり、ネットで調べたくらいの知識でもなんとか結果を出すことができていました。

しかし、最近はその様々な不調をお持ちのお客様が増えてきました。
糖尿病に高血圧といった心臓血管系や栄養と代謝に関わる問題から肩の痛みに椎間板ヘルニアにすべり症、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症に変形性股関節症まで本当に様々な不調を抱えている方が増えてきました。
その問題は本やネットを調べたくらいの知識では全く通用しません。
腰や膝に問題を抱えている方の多くが病院で医師から言われるのが、「筋力が低下しているので筋力をつけましょう」ですので、運動指導する側がそれを解決するための本物の使える知識、技術というものを持つことが大切になってきます。

フィットネスクラブで指導に携わる仕事をする人は、身体を動かすのが好き、運動することが好きだという方が多いと思います。
だからと言って、皆がその問題を解決できる知識、技術を持っているとは言えません。
長く仕事をしていればそういうものを解決することができるというものでもないでしょう。
どれだけ1人1人がお客様の抱えている問題を理解し、解決できる知識、技術を身につけるべく努力することができるかにかかってくると思います。

私自身、まだまだ解決できる問題ばかりではなく、解決できない、上手くいかない、わからないという問題が多いです。
それでも自分を磨くことを怠らず、少しでも解決できるようにレベルアップするためにトレーニングやストレッチなどについての考え方をまとめておきたいと思います。

広告