身体的コンディションを整えて最高のパフォーマンスを発揮する

身体的コンディションを整える

ef829ee39e510997cc8ff892ea43fbe8_s

スポーツの実際のゲームでは自分が持っている最高のパフォーマンスを発揮することが目標になります。
最高のパフォーマンスを発揮するためには高い技術・テクニックを身につけなければいけません。
この技術・テクニックを身につけるために身体的コンディション(筋力、持久力、スピード、調整力、柔軟性)がベースになります。
身体的能力のレベルが低ければ技術やテクニックの獲得が難しいということです。
そのために身体的なコンディションを整えることが重要になってきます。
この身体的コンディションが、『トレーニング』になります。
そして実際のスポーツの技術・テクニックを習得することが練習になります。

トレーニングは、筋力・持久力・スピード・柔軟性・調整力といった能力をバランスよくレベルアップさせることが体力づくりです。

最近はアスリートが筋トレをしたのにパフォーマンスに繋がらないと「筋トレでつけた筋肉は実際のプレイでは使えない」、「筋トレをすると筋肉や体が硬くなる」と言われますが、ウェイトトレーニングで筋力づくりだけに励んでしまうと身体的コンディションのバランスが崩れてしまいます。
筋トレで筋力を高めたのに実際のスポーツパフォーマンスに繋がらないのは筋力のレベルだけがアップしてそれ以外の能力が変わっていないからです。

全ての能力をバランスよく強化し、レベルアップをしていかないといけないわけです。
特に柔軟性、スピード、調整力というものはあまり意識されていません。
一般的には柔軟性というとケガをしないため、疲労回復のためにくらいで軽く考えられ、いい加減にやられがちですが、筋肉が『大きく・スムーズに・素早く』伸び縮みすることで大きな力を発揮できます。
それなら硬い筋肉よりも柔らかい筋肉をしている方が良いということがわかります。

スピードや調整力(体の使い方)に関しては、筋肉が発達しているのに動きの遅い人の問題は筋肉にあるのではなく、『動作が下手で力をうまく発揮できていない』だけです。

いくら大きな力を出せる筋肉を持っていても、体の使い方に問題があれば高めた筋力が実際の動作で役に立たないのは当然のことです。

ゴルフやランニング愛好家のトレーニングを見ていますが、トレーニングではウェイトトレーニングだけでなく『動作のやり方』のトレーニングまで行います。
ゴルフスイングでは、「腰を楽にスムーズに回転させる」、「バックスイングの可動性を大きくする」体の使い方というものがあります。
そういう動作のやり方を身につけると今までの70%くらいの力で振ってもドライバーの飛距離が10~15yrdは伸びています。

ランニングでも「スムーズな走り方」を身につけるだけで楽に走っているのにランニングスピードが上がって速く走れるようになります。

競技パフォーマンスを高めるためのトレーニングでも筋力だけでなく、競技に必要な要素を高いレベルで整える、バランスよく高めることが重要になってきます。

広告